2007年06月04日

理想体重 ダイエット

食事の質を変える ダイエット


一食の食事量を極度に増やすことにより次第に他の二食の食事量が減少して結果的に摂取カロリーが減るという説もある。
無意味な炭水化物の摂取を制限する
短期間で、比較的効果的な方法として広まっているのは、炭水化物制限の方法。目安として、午後3時以降は、炭水化物を摂らないと決める。人間の体的には朝、昼に摂った炭水化物で十分であり、運動量が収束に向かう夕方以降の炭水化物摂取は、糖や脂肪になるだけであるという考えに基づく。
炭水化物の摂取により糖に分解され発生するインスリンが体脂肪を結果とし生成し肥満につながるという説がありそれをターゲットにしたダイエット方法が盛んに実践されている。
菜食のみにする。
肉類や魚介類に比べ消化吸収率の低い野菜類などを食べることによって満福になるまで食べても摂取カロリーを下げることができる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by yk at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 理想体重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。